「カロリーを減らしても体重が減らない」原因・その2は、理論的な誤りで実際にはカロリーが減っていないこと (理論が現実を正しく反映していなければ、現実の失敗として現われる)

「カロリーを減らしても体重が減らない」原因は、
前回の3つの他に、これから述べる3つがあります。

今回の3つも、
減らしたつもりが現実には減っていない、
というところは前回と共通しています。

ただ今回は、
理論(現実の捉え方)が、現実をうまく反映していない
ことが原因でカロリーが減っていない場合を挙げます。

 4.カロリー計算をしても、基になる目標体重や消費カロリーが
  間違っている

という場合。

これも、結構ある事例です。
カロリーをどれだけ摂るのかは、

   1) 身長から計算した標準体重、
   2) 体重当たりの基礎代謝量、
   3) 日常の運動量、

によって計算しますが、1) ~ 3) のどれでも誤差が生じます。

1) 標準体重が今の体重より多かったり、
2) 元々カロリーの消費が少ない生まれつきの体質(倹約遺伝子)があったり、
3) 日常の運動を多めに見積もったり (予定や希望が含まれるのでしょう)

すると、せっかく面倒なカロリー計算をしていても、
今まで(計算はしていなくても)実際に摂っていたカロリーより多くなっていることがあります。

ましてや、成年男子(女子)なら平均 xx00 kcal、という数字では誤差が大きすぎて、
体重を減らそうとする1人1人にはほとんど役に立ちません。

カロリーを減らすときには、
「摂るカロリー」でなく、今の食事から「減らすカロリー」を考えると、
誤差がなくなり、必ず体重が減ります。

またカロリー計算をしなくても、大まかに見当を付けて、食事の量を減らすと、
体重は確実に減ります。

どうしてもカロリー計算がしたい人は、

まず、今までどおり食事を作ってみて、そのカロリーがどれくらいだったかを測る

そのカロリーから、「今の食事から減らすカロリー」を引いたカロリーの食事を作る

ようにすると、計算の誤差が少なくなり、体重が減っていきます。

 5.以前から、カロリーを減らし続けている

という場合。

以前に摂取カロリーを減らして、その時は体重が何kgか減ったのだが、それ以降は減らない、という場合です。

これは、体重が減ることで消費カロリーが減り
(少ないカロリーに体が適応したのではありません。その理由)、
減らした摂取カロリーと同じになっているので、
それ以上体重が減らなくなっているということです。

特定保健指導(いわゆるメタボ健診で行う保健指導)では、
今の生活を基準にして、
そこから腹囲が85cmになるようにカロリーを計算して減らす、
というのが標準的な方法になっています。
(ただし、体重が減ると消費カロリーが減ることを考慮していないので、
 期待通りには体重が減らない残念な計算方法です。[正しい計算方法
 また、生活環境に合わせてカロリーを減らすことが考慮されていないので
 あまり成果が上がっていません。[生活環境に配慮した特定保健指導の教材])

このカロリーを減らすために、具体的な実行目標を立ててもらうのですが、そのとき、
以前から実行していて現在も実行中のこと
を目標の1つに入れる人がいます。

以前から実行していますから、すでに体重が何 kg か減っています。
(報酬は、一部受け取り済み)
体重が減った分、消費カロリーも減っているので、
その時点から新たに減る体重(追加の報酬)は多くありません。

6.いわゆる停滞期

の場合。

「停滞期」として語られているのは、

カロリーについてよく知らないまま(勢いだけの)ダイエットを始めたときに、

かなりカロリーが減っていて(例:2000kcal → 1200kcal)体重も減ったが、

その後、油断やら苦痛やらでカロリーが増えてしまい
(例:1200kcal → 1800kcal)体重が減らない、

気を取り直して再度カロリーを減らし
(例:1800kcal → 1600kcal)再び体重が減り始める、

といった状況のことだと思います。

さらに、それを説明するために

ホメオスタシス(体が一定の状態を保とうする働き)」や

セットポイント(遺伝的にあらかじめ決まっている体重)」

のような神秘的な(正しいとも誤りとも判断しようがない)概念を仮定する人がいます。
しかし、そのようなことをして物事をかえって分かりにくくしなくても、
カロリーを減らした後の体重変化は、簡単な法則、すなわち、

  •   1) 体重が減ると消費カロリーが減る
  •   2) 消費カロリー - 摂取カロリー = 体重変化

の2つで説明できます

このように、理論の誤りでカロリーが減らないときがありますが、
このブログで述べきた、より正しく現実を反映した理論を使うことによって、

現実にカロリーが減り、

それに伴い体重も減っていきます。

コメント / トラックバック12件

  1. […] いわゆる隠れ肥満やポッコリお腹の人、 カロリー計算を真面目に実行しても効果がない人の状況も 確実に改善させ、体重を減らします。 […]

  2. […] これによって、「停滞期」や「ホメオスタシス」や「体重のセットポイント」などという 神秘的であいまいな概念を使う必要はなくなりました。 […]

  3. […] (「カロリーを減らしても体重が減らなかった」という人はこちら) […]

  4. […] 次回は、もう少し込み入った、設定するカロリーの問題などに […]

  5. […] その(誤った)知識がある人なら、なかなか減らなくても、 […]

  6. […] ○○○○kcal、 というだけでは、大まか過ぎて、 ダイエットをしよう […]

  7. […] 算するとやはり多いという人もいるし、 仮に倹約遺伝子を持っ […]

  8. […] 面倒なカロリー計算を続けても、体重が変わらなかったり、反って […]

  9. […] 基礎代謝基準値の誤差は、ダイエットや食事療法の失敗の原因 […]

  10. […] 糖尿病が「治る」カロリーより多いときには、改善はしても治る人は […]


コメントは承認制ですが、できるだけ返信するようにしています。
高血圧・脂質異常症・糖尿病など生活習慣病についての質問も
受け付けています