ダイエットに関係がある計算式・その2は、摂取カロリーを求める式。しかし、面倒なカロリー計算を続けても、摂るべきカロリー数を誤ると体重が減らない原因になる

前回は消費カロリーの計算式だったので、今回は摂取カロリーの計算です。

摂取カロリーの計算方法は単純ですが、
掛かる手間が少なくないので、それに見合う効果があるか、
という検討が必要です。
手間を掛けても、食事のカロリーそのものが減っていなければ、
体重が減るという効果は望めません。

                  ①                 ②
食品のカロリー = その食品100g当たりのカロリー × 重量 ÷ 100
  (kcal)          (kcal/100g)            (g)   

例として、ごはん(米でなく炊いたご飯)は、

①:100g当たりのカロリーが168kcalカロリーなので、
②:測った重量が200g だと、
③:(電卓で)168 × 200 ÷ 100 = 336kcal

になる、というのが基本です。

この計算を1日に食べた食品(調味料や、間食まで)すべてについて行い
その合計がその日の摂取カロリーということになります。

原則はこれだけですが、摂取カロリーを求めるときに大切なのは、

  • 掛かる手間に見合うだけ、
  • 誤差が減るか、そして
  • (体重が減るという)効果があるか、

ということです。

まず、手間について述べると、毎日食べるすべての食品について、

①100gあたりのカロリーを調べて、②:食品の重量を測る、③:計算する

手間が掛かるということです。

①について調べるための書籍では、「食品成分表」、「糖尿病食事療法のための食品交換表」が有名です。
これらの書籍で、索引や目次などで食品を探し出してカロリーを知るためには、
慣れるまでかなり手間が掛かります。

ネット上のウェブサイトには、これらの書籍やデータベースの情報を基にして、
食べる食品とその重量を入力すると、
食事や1日の総摂取カロリーの(③)計算までしてくれるものが多くあります。
(「カロリー計算」等で検索すると見つかると思います)

ですから、書籍で調べるよりは(これも「慣れると」ですが)手間が軽減されています。
ただ、②の重量の計測は自分で行うしかないので、面倒なことが一切なくなるということにはなりません。

次に誤差、すなわち、
計算で求めた摂取カロリーと、真の(実際の)値との違い、
を減らすことは容易ではないことを述べます。

それを表しているのが、法律で認められた誤差、すなわち、
表示されたカロリーと、実際の食品や食事の差として、
20%という数字が使われているということです。

これによると、ある食品または食事にカロリーは500kcalと表示があっても、
実際には400kcalのときもあれば600kcalのときもあるということになります。

ところが、この大き過ぎるように思える20%という数字を小さくするのは、
現実にはそう簡単なことではありません。というのは、

同じ魚でも旬の油が乗った季節と、あっさりしている季節で、
100g当たりのカロリーがかなり違ったり、

同じ加工食品でも製造会社によって原料の配分
(これらは企業秘密になっているでしょう)
が異なることによってカロリーが違ってきますし、その結果、
表示されているカロリーが「食品成分表」に書かれているものと異なっていたり、

することを見ると分かります。

また、給食やお弁当を作るときに少しの盛り付け量の違いが積み重なると、
計算上と実際の食品・献立の誤差が20%くらいになることも考えられます。

別の例として、糖尿病の患者さんが食事療法(カロリー計算)に慣れてくると、
目分量でかなり正確にグラム数が分かるようになる、という話があります。
ところが、この話は、
長く実際に測らないと知らぬ間に、決められたより量より目分量が多くなってしまう、
だからときどきは測りましょう、
と続くので、誤差を減らし続けるのはやはり簡単ではないことが分かります。

このような例で、掛ける手間あたりで考えると、
20%という誤差は、決して緩すぎるのではないことが分かります。

最後に、体重を減らす効果について述べます。

前回分6月9日分で、

消費カロリーの計算では、生まれつきの体質によって1~2割の誤差があるから、
面倒なカロリー計算を続けても、
体重が変わらなかったり、反って増えてしまったりすることがある、
このような失敗を避けるためには、
「摂るカロリー」でなく、今の食事から「減らすカロリー」を考えるとよい、

という話をしました。

消費カロリーでも、摂取カロリーでも、1~2割の誤差があると、
カロリーの数字で200~400kcal、
体重だと5~15kgの違いに達することがあります。

しかし、「減らすカロリー」にすることにより、
その誤差が1桁減って実用上はほとんど問題がなくなります。

そうすると、原則通りに摂取カロリーの計算を厳密に続けなくても、
このブログで紹介した、

「面倒なカロリー計算をせずに体重を減らせる方法」や、
体重方程式 » 3.手間を減らす » カロリー計算はいらない

という方法で、で十分に誤差を減らして、体重を減らす効果を得ることができます。

コメント / トラックバック3件

  1. taijuuh より:

    イッシー さん

    お考えをご自分の体で試みられるのは、自己責任です。
    しかし、その食べ方で微量元素が不足して健康を損ねるかどうか
    (運が良ければ大丈夫かもしれません)を知っている人類の一員はいないはずです。

    ですから、このブログに書いている通り、
    今まで召し上がってきたものの種類を変えずに、
    (それで今日まで生き延びて来られたという実績があります)
    量だけ減らすことをお勧めします。

    原発で起こっている核分裂反応(これも自然現象です)を制御できると思っていたら、あのようなことになりました。
    「大躍進 雀」でウェブ検索を掛けると、食料が増産するために米を食い荒らす雀を駆除して、何が起こったのかが分かります。
    「米ぬか油事件」で検索して、「健康に良い米ぬか油」でかつて何が起こったか知っていただきたい。

    自然を克服できる、とか、自然を正しく捉えていると思うのは驕りです。
    捉え方が自然を正しく写しきれていないときには…つらい目に合うと考えています。

  2. イッシー より:

    とても参考にさせていただいております。

    カロリーの誤差を減らす考え方も良く理解出来ました。

    質問ですが、更に誤差を無くす為に摂取する栄養を毎日同じにしようと思っていますが、
    いかがでしょうか?

    ①蛋白質としてプロテインパウダーの低脂肪牛乳割り(約200カロリー)
    ②脂質としてオリーブ油を①に必要量混ぜる
    ③炭水化物としてバナナ1本(約80カロリー)
    ④マルチビタミンミネラル

    以上を仮に同時に摂っても約300カロリーです。

    もう世の中のあらゆるものを食してきましたので、
    以降生涯以上の物しか摂らないつもりですが健康に支障が出るものでしょうか?

  3. […] 糖尿病が(「改善する」のではなく)治った人は、 どの食 […]


コメントは承認制ですが、できるだけ返信するようにしています。
高血圧・脂質異常症・糖尿病など生活習慣病についての質問も
受け付けています