不審に思ったことを克服するには、「ゆっくり、謙虚に、繰り返し」が必要。(ルーピーになったときはループでしか解決できない)

前回の記事、「摂るカロリー」でなく、今の食事から「減らすカロリー」を考える
の中で、

(ゆっくり読んでください)、

ということを何度か書きました。
少し込み入った話をするとき、または、聞くときには、
それをゆっくりと行うだけでかなり簡単になるからです。

ある本には、「噛んで含めるように言う、急がば回れ、その方が結局速い」
という意味のことが書いてあります。

仕事上、どうしても理解しなければならないことは、
その文章をゆっくり読んだり、
相手の話をゆっくり聞いたりするように心掛けています。

ただ、ゆっくり、だけで十分かと言うと、そうでないときもあって、
さんざん相手に問い直したあげくに、
「結局分かってないな」という顔をされることがあります。

そのようなときは、相手からルーピー(loopy:Weblio英和・検索キーワードランキングで本日(2010.5.9)も1位)なやつだと思われているのでしょう。

「ルーピー」とは、loop(輪、ループ、繰り返し)のような、という意味で、
「何度いっても分からない」、(同じところをぐるぐる)
「あのときはOKと言っていたのに、また同じことを」(蒸し返し)
のような状況で使われるのだと思います。

自分自身や身の回りの人(話題の方だけでなく)がどのような話題でルーピーになりやすいかを考えてみると、
長年、それが正しいと信じてきたことと異なる結論で、受け入れにくいときだった
と思い当たります。

私自身、ピロリ菌の話でルーピーになったことがありましたが、
(当時はとても信じられなかったのです)
発見した先生がノーベル賞を取られただけでなく、除菌療法で胃潰瘍の患者さんが減ったのを見て、ようやく自分が謙虚でなかったことを思い知らされました。

このブログには、ダイエットについて多くの人が正しいと信じてきたことと異なること
を書いたので、それについてルーピーになることがあるかもしれません。
それ(ん? と思ったこと)を乗り切るには、

「ゆっくり」と、謙虚さと、他ならぬ「繰り返し(ループ)」が必要です。

(この文章自体は全く謙虚ではありませんが…)

コメント / トラックバック14件

  1. […] るが違う」ものは混同しやすいのが原因です。 「体脂肪=脂肪」と、「(水を含んだ)脂肪組織」の違いを意識しながら、 上の[*]のところまで戻って、もう一度ゆっくり読んでください。 […]

  2. […] との答えです。長年正しいと信じてきたことと異なる内容を理解 […]

  3. […] 指導してきた内容は、一朝一夕に変えられない […]

  4. […] といった常識と違いすぎたからでしょうか? […]

  5. […] 受講者全員に完全な理解を求めるのは酷だろうとも思います […]

  6. […] ゆっくり読み進めてください。 ダイエットを確実・簡単に行うために […]

  7. […] ゆっくり読み進めてください。 ダイエットを確実・簡単に行うために […]

  8. […] ゆっくり読み進めてください。 ダイエットを確実・簡単に行うために […]

  9. […] 制限されていない蛋白質がブドウ糖の原料、 ということを不審に思 […]

  10. […] 訪れてくれた人は、 糖尿病が治ることは少ない、ということを不審に […]

  11. […] あまり分かったような気がしない、という人は、 ゆっくり、もう一度 […]

  12. […] 実行時と同じように、 それを越えると不審・不快になる範囲が […]

  13. […] ここに書いてあることがすべて真実だと言わんばかりの、 […]


コメントは承認制ですが、できるだけ返信するようにしています。
高血圧・脂質異常症・糖尿病など生活習慣病についての質問も
受け付けています