分類:カロリーと病気 の記事

高血圧が治らなかったのは、薬の効果が確実で費用も安かったことが大きな原因 (ところが、この方法を続けるとこれからの医療が破綻してしまうから、食事で治さないといけない)

血圧が高いまま放っておくと、脳卒中や心筋梗塞になりやすい、
ということはよく知られています。ところが、

「高血圧の薬を飲んでいる人と、飲まないで血圧が高いまま放っている人では、
 どちらが長生きしているか?」

という質問には、間違った答えをする人がいます。正解は、

続きを読む…»

脂質異常症(高LDLコレステロール血症)も、食事の量を減らしただけで治る (卵や肉を減らすよりも効果が高いし、薬を飲み続けるよりも負担が少ない)

現在、医師の間では、
LDLコレステロール(悪玉コレステロール)が高いときには、
食事療法はあまり効果がない、ということになっています。

しかし、上がる原因についての視点を少し変えるだけで、
食事だけでLDLコレステロールを下げることができるので、
今回はその方法について書きます。

その前に、食事療法は効果がない、という医師たちの評価がなぜできたか
を見ておきましょう。

続きを読む…»

「糖尿病が治る」ということが分かるためには、元々の医学の内容への修正と、集合の考え方が必要 (新しい酒は新しい皮袋に盛れ)

糖尿病は治らない。」

そのあとに、

「一時的に良くなっても、気を抜くと再発するから、一生コントロールし続けないといけない・・・」

と続くのですが、これは糖尿病の専門家だけでなく、専門でない医師にとっても常識です。なぜかというと、医学部でそう習うからです。
今でも医師に向かって「糖尿病は治る」とでも言おうものなら、
「ん、このひと医者?」と、うさん臭い目で見られます。 

続きを読む…»

糖尿病を治すためには、インスリン抵抗性に注目して、摂取カロリーを減らせばよい。インスリン分泌不全を気にして食後血糖を上げないようにしても糖尿病は治らない

私が監修した糖尿病を食事で治すための本

  「糖尿病を治す3つの法則」福士斉、主婦の友社、価格1,365円

が発売されました。(2013年8月。全国の書店、ウェブ書店:アマゾンセブンネット等で注文・購入してください)

著者の福士さんとは、ある健康雑誌の取材で、
他ならぬこのブログのコメント欄から取材を申し込まれたのがご縁です。
その記事が好評だったので、
福士さんが記事の内容をさらに詳しく述べた本が出版されることになり、
私が監修させてもらいました。

本のテーマは、

  食べたり飲んだりするのが大好きな福士さんの糖尿病が、
  今の常識や現行の食事療法・食事指導で治らなかったが、
  このブログでも紹介している私の理論に基づいて食べ方を変えると治った

というものです。そして、その理論を一言でいうと、 続きを読む…»

糖尿病が治らないのは、糖質(炭水化物)へのこだわりが一因・その1 (糖質制限食では、糖質をいくら制限しても、蛋白質を減らさないから糖尿病が治らない)

糖尿病が治らないのは、

1.食事療法のカロリー設定が適切でない

2.糖質(炭水化物)を減らすことにこだわって、蛋白質を減らそうとしない

3.従来の「糖尿病は治らない」という考えから抜けきれない

からだ、ということを以前述べました。

今回は、特に、

糖質制限食(カーボカウント、ローカーボ、低炭水化物、アトキンス、
などというダイエット・食事療法も同じような内容です)

という食事法が糖尿病を改善させる、と言っている人たちが、
上の、2.糖質へのこだわり=糖質に目を奪われていたことで、

続きを読む…»

糖尿病が治らないのは、糖質(炭水化物)へのこだわりが一因・その2 (糖質制限食で糖尿病が治らないのは、蛋白質の摂り過ぎで体重が増え、インスリンが効かなくなるから)

前回は、糖質制限食(カーボカウント、ローカーボなども同じ)では
血糖値が上がりにくくなることはあっても、糖尿病が治ることは少ない
ということを、実際の患者さんの例を引いて述べました。

今回は、その原因を、
患者さんの体の中で起こっていることを順に述べていくことで、
解き明かします。

「糖質制限食」というキーワードでこのブログを訪れてくれた人は、
糖尿病が治ることは少ない、ということを不審に思うかもしれませんが、
私が知る限り、糖尿病が「治った」人は、糖質制限食ではなく、
従来通りの「カロリーが少ない食事」を実行している人です。
(「カロリーを減らしても体重が減らなかった」という人はこちら
ためしに一度読んでみてください。

1.蛋白質の摂り過ぎで、脂肪細胞に脂肪が貯まる(太る)。

続きを読む…»

医師や看護師についてはいけないウソは、糖尿病の薬(インスリン注射薬を含む)を使っている患者さんが、食事の習慣を変えるときに主治医に言わないこと(起こると重大な結果をもたらすことには、正しい知識と適切な予防手段がいる)

先日、医師や看護師にウソをついたことがあるという人が3割いた、
という調査結果が新聞の記事になっていました。
ウソの中では、生活習慣に関するものも12%あったとのことなので、

危険なので、ついてはいけないウソを、1つだけ、挙げておきましょう。それは、
糖尿病の薬(インスリン注射薬を含む)を使っている人が
食事の習慣を変えるときに主治医に黙っていること
です。

食事を減らすことにより、低血糖発作が起こる危険があるからです。 

続きを読む…»